2016年08月10日

OGの開業報告〜♪

_M2A8555.JPG卒業生がまたまた嬉しい報告にやってきました〜☆ 今回、来校されたのは8期の水野宏美先生。 いつものニコニコ顔で近況を聞かせてくれました。

無.JPG


水野先生は教員養成科在学中からいろいろな勉強に励んでおり、あはき師以外に、AEAJ認定アロマテラピーセラピスト&インストラクター、JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター、せんねん灸セルフケアサポーター等、多くの資格を持っている努力家。学会でも卒業研究(間下先生が持っているのが卒業論文集)を発表するなど精力的に学術活動にも励んできました。

卒後はバリバリ臨床をこなしながら開業に向けて準備を進めてきたそうです。臨床だけでなく、夏休み明けてからは鍼灸学校の非常勤講師をやることにもなっていて、とにかく大忙し。そんな状況下での念願の開業は喜びもひとしおだったことでしょう。

本当におめでとう〜ございます\(^0^)/ 

我々の後ろに映っておられる本校創立者の平川荘作先生も、水野先生の成功を見守って下さっていることでしょう。


治療院の名前は「露水花」。
澄んだイメージのある素敵な名前ですね〜♪ ちょっと院内を覗いてみましょう。

無 (2).JPG _M2A8578.JPG


_M2A8613.JPG _M2A8625.JPG


爽やかなスカイブルーで統一した空間は居るだけで癒されそうですね。
アロマオイルの香りも今にも漂ってきそうでとても清潔感のある治療院である感じが伝わってきました(^^)。

根岸付近の治療院です。

HPもあるのでぜひご確認のうえ体調のすぐれない方は行ってみてくださいませ。

HP→http://www.rosuika.com/


水野先生から、
「いろんな可能性が広がったので、教員養成科に進学して良かった」とのお言葉を頂きました。
教員冥利につきるなぁ〜と実感した次第です。

では、皆さん夏バテしないようにしっかり食べて、また夏休み明けに元気にお会いしましょう!!!

posted by 教員養成科教員 at 13:42| Comment(0) | 日記

2016年08月08日

未来を切り開くチャンス到来!!

 今日も東京は猛暑真っ只中という状況で、台風到来なんて言葉も聞かれる時期になってきました。国家試験までもうすぐで半年前になります。

多くの学校で夏休みに入り、3年生は国家試験に向けて暑さを忘れるくらい勉強に励んでいるところだと思います。また進路についても同時に悩む時期かなと思います。TOP.JPG


『心は二つ、身は一つ』やりたいことは二つあっても体は一つしかないので思うようにいかない事を言います。皆様の今の状況はどうでしょうか?早くスパッと一つにしたいというのが本音ではないでしょうか。

国家試験に対する悩みはどうしても2月まで続きます。となると進路を決めてしまえばいいわけですね。


進路の一つに教員養成科があります。「教員はちょっと・・・」と思われる方が多くいるかもしれません。ただ、鍼灸学校の教員になるために必要なスキルを学ぶ場だと考え方を変えてみてください。そうすると今まで学んだ知識・技術を深めブラッシュアップする場だという事にはならないでしょうか。また、教育に関しても、免許を取り、治療院で働けば先生と呼ばれます。先生は指導的な立場の人たちに使われる敬称です。とすればみなさんは健康に関する指導者、教育者になるわけです。患者様は健康に関して教育的な立場も望んでいるわけで、みなさんは伝える能力言い換えますと教育力を養う必要も出てくるわけです。そういうことを考えると進路に悩むのなら進学してよりスキルを磨いてから働くのはどうでしょうか?養成科を卒業しても国家試験は現時点ではありません。修学期間である2年間をスキルアップしながら進路を考える期間と考えてみてはいかがでしょうか?

学びのポイント1浅川.JPG 

さて、来月911日(日)(91日〜9日まで願書受付期間)には養成科の1回目の入試があります。進路をスパッと決めて憂いを一つにしましょう。

『心も一つ、身も一つ』時間を有効に使いつつ未来を切り開くチャンスです。

posted by 教員養成科教員 at 12:00| Comment(0) | 日記

2016年08月05日

教員研修会での本校養成科OGの活躍

皆さん、熱い日が続きますね!(^^;)


今年も教員対象の夏の恒例イベントである教員研修会が大阪で実施されました。

今年から、教員だけでなく未来の教員である教員養成科の学生も参加対象となりました。

教員希望の学生さんは、参加することで教員のイメージもより明確になるだけでなく、他校の教員との人脈もでき、とても有意義な時間を過ごすことができます。このような研修会を通してコミュニケーション能力も向上していきます。コミュニケーション能力といったら教員に限らず臨床家にも必要不可欠の能力。臨床家希望の学生の参加もお勧めします。


かんばん.png


今回の教員研修会のテーマは「あはき教育の現状と課題、そして夢、未来!」。


あはき業界を盛り上げる為に、教員の担っている役割は大変大きいものです。良い教育を実践し、質の高いあはき師を世に送りだすことは教員の使命。とてもやりがいのある仕事であると同時に多くの検討すべき課題も山積しています。これは、あはき業界に限らず、教育業界では時代により問題点は異なるにしても常に議論しなくてはならないことがあります。しかし、そこをクリアしてこそ仕事に対する達成感、満足感、喜びが得られるのだと確信しています。

前田先生.png



今回、本校養成科の学生で大活躍したのが6期の前田朱美先生。

前田先生は京都仏眼鍼灸理療専門学校の教員3年目で、日々、生徒に解り易い授業を展開する為に努力しています。そんな前田先生が「どんな医療人を育てるのか!?」をテーマとしたパネルディスカッションのパネリストとして登壇しました。教育実践のなかで嬉しかったことや大変だったことを分かり易く説明して頂き、さらに、抱えていた課題を自分なりにきちんと整理して分析し、解決策を見出していました。このようなプロセスを経ることで問題解決力が養われ、コミュニケーション能力もアップし、何事に対しても柔軟に対応できる自信がついてきます。まったく臨床力にも繋がるところですね。

前田先生、かっこよかったです!お疲れ様でした!あっぱれ(^^)/





posted by 教員養成科教員 at 11:19| Comment(0) | 日記