2015年12月16日

姉妹校と連携して

今回は物理療法機器の体験実習ということで姉妹校である専門学校東京医療学院(https://www.stig.ac.jp/)へお邪魔し、現場で使用される機械について学びました。

67-1.jpg

写真にあるように牽引機やバイブラバスなどの機器を実際に使用し、その効果を体験しました。近年、整形外科に東洋療法科が併設されたり、介護ステーションでは訪問マッサージと共に訪問リハビリを行っていたりと、あはき師がコメディカルとして関わることが多くなり、医療・介護現場に活躍の場を移しています。養成科ではリハビリテーション医学や運動療法・物理療法といったリハビリ系の授業を設定し、東京医療学院の先生方と連携を取り、最新の情報や現場での話を学んでもらえるようにしています。

67-2.jpg

また、バイブラバスと関連したものに炭酸泉浴があり、卒業生の中には炭酸泉浴と鍼灸を組み合わせた研究を卒業論文のテーマにし、日本温泉気候物理医学会で発表を行っています。(http://www.tokyoiryoufukushi.ac.jp/blog/diary.cgi?no=56

最後は学校の前でみんなでパシャリ!

67-3.jpg
posted by 教員養成科教員 at 00:00| Comment(0) | 日記

2015年12月04日

卒業生来校

今年の春に卒業した7期生のウイリアムさんが挨拶に来てくれました。
アポなしだったため、突然、外国の方がきたとビックリしましたが、相変わらずの流暢な日本語で話してもらい懐かしさを感じました。
彼は当校の本科と教員養成科を卒業し、現在は治療院を開業して日々患者さんの治療を行っているとのことで、その他にも姉妹校の東京医療学院大学で教鞭をとり、以前より行っている翻訳業と3職をこなし多忙な日々を過ごしているとの事でした。
今回は仕事の前に寄ってくれたとの事で、少しの時間でしたが元気な顔をみせてもらい活力をいただきました。忙しい所ありがとうございます。

追伸:
ウイリアム先生の治療院のHPはこちら→(http://williamkikaku.com/
来春リニューアル予定。英語対応も可とのこと(本人談)

66-1.jpg

(写真は左から大内学科長、芳野副校長、ウイリアムさん、間下教員
撮影時うまく遠近法を用いました。)
posted by 教員養成科教員 at 00:00| Comment(0) | 日記