2017年01月07日

教員養成科に進学する意味とは?




教員養成科学科長の大内です。


養成科の最終学年である年生は、目下、進路について真剣に考えています。

入学当時は臨床を究めることを目的に本校の門を叩いて来る方が多いのですが、年生のこの時期になると、「非常勤講師のように教育に少しは関わりたい」というように考え方が変わってくる学生もいます。

今まで実践してきたものが自信となって気持ちに変化が生じるのでしょう。


現在、2年生は臨床や研究を中心に精力的に活動しています。


臨床&研究.png


もちろん、教員になる人もいるので、教育実習で伝える力もしっかり育成します。

教育.png

教員資格は2年間の研究・実習に向けた努力の結果ついてくるものであって、教員になることだけが養成科進学の目的ではないと考えます。

探究心を養い、真に患者さんの役に立つ医療を求め、そのために有効な人的ネットワークを構築していくこと、それも養成科での2年間で皆さんが体験・吸収できる重要な側面です。


治療家としてトップラインを目指すためにも、教員養成科は存在するのです。





次回の養成科入試は311()です。

さぁ、あなたもチャレンジしてみませんか?




なお、以下の日時で 養成科の個別説明(相談)会を実施いたします。

121(9001200

 ※ 事前にご希望日・時間帯をお知らせください


特に各校3年生の皆さんにとっては、国試受験が気になる時期だと思います。

だからこそ、この時期にこのチャンスを活かしてください。受験や将来への不安や悩み、国試後に待つ進学や就職への希望の話と一緒に聞かせてもらえませんか? 


私たちもあなたと一緒に考えたいと思います。

上記日程以外にもご希望に応じますので、気になったら本校教員養成科あてにお気軽にご連絡ください。


心からお待ちしています!




posted by 教員養成科教員 at 18:00| Comment(0) | 日記