2018年02月22日

先輩から後輩へ(臨床引き継ぎ)


教員養成科の大内です。


寒い日が続きますね。

卒業式や国家試験を間近に控えている3年生の皆さん、インフルエンザが流行っていますので、抵抗力をしっかりつけて体調管理にお気をつけてください。


教員養成科2年生も卒業間近となり、臨床実習において、後輩へ患者様の引き継ぎが行われました。今までの臨床の集大成を発揮する絶好の機会です。


引き継ぎには、病態把握、治療法、予後推測、生活指導など臨床の総合力が問われます。しっかりと患者様について理解できていなければ、後輩への指導はできません。

逆に後輩へ根拠をもって解り易く伝えることができたなら、教員の卵として成長した証です。

v(^^)v


来年度より、後期の教員養成課程では臨床指導がカリキュラムに導入されます。

臨床力を向上させることで、臨床指導ができるようになるのです。



患者様とのコミュニケーションについて詳細に症例を交えながら指導。

実習長を中心にミーティング、身だしなみ等のチェックもしっかり行います。


無題.png


カルテ引き継ぎ指導


無.png


細かい患者対応から注意事項までしっかりと個別指導

個.png


臨床に入る自分に不安を感じている人もいるかもしれません。でも大丈夫!最初は、頼もしい先輩と一緒に患者様を診ていきます。

引き継ぎ.png


電話対応、会計など、治療院運営に関わる内容を学ぶことも大事なポイント!

会計.png


先輩の後輩への引き継ぎ指導を経たのち、実際に学生さんが治療院を運営するようなかたちで患者様を診ていくことになります。


今年も、実習長を中心によく治療院を運営してくれいました。あっぱれ!^^!

クラスメイトから労いの花束贈呈。いい笑顔です。本当におつかれさまでした!
皆さんの卒後の活躍、学科長としても、施術者としても、本当に楽しみです。

おつかれ.png


教員養成課程の学生は、教員資格取得の目的のほか、臨床の総合力の向上を目指して入学してきます。

国家資格取得後の進路に悩んでいらっしゃる皆さん、一緒に臨床力アップをしていきましょう!


次回の臨床専攻課程の入学試験は310()

お問合せは、03-3551-5751

鍼灸マッサージ教員養成科担当までお気軽に!

続きを読む
posted by 教員養成科教員 at 11:13| Comment(0) | 日記