2018年03月12日

第10期生 卒論発表会

先日、教員養成科二年間の集大成でもある卒業論文の発表会が開催されました。

研究テーマは、本年も臨床に関する内容、古典などの文献調査、教育に関するアンケート調査、日本医科大学での基礎研究など多岐に渡りました。今年度は教員養成科でも特別講義を担当して頂いている法政大学の泉教授のご指導のもと、スポーツ分野の鍼灸に関する研究も実現することができました。


 CIMG2662.JPG


CIMG2593.JPG



CIMG2610.JPG

卒業研究は来年度から教員養成課程の二年目(後期課程)で実施されます。

興味や疑問を抱いたテーマに一年間かけて取り組むことで、その道において他者に負けない知識を身に着けることができます。

研究と臨床は表裏一体。卒論研究の成果を武器に、臨床力アップに繋げた卒業生も多くいます^^!


以下、今年度に実施された研究テーマです。


@ 肩こりに対して手技療法と呼吸法の併用による効果について

―吉田流あん摩術を用いての検討―

A ラットXORの大腸菌発現系の構築

B 手技療法の併用による治療効果の検討

―吉田流あん摩術とストレッチの併用―

C あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師養成施設の学生に対する

医療接遇の認識調査

D 古典による勃起障害

E ラット脳における血中レプチン投与応答性ニューロンの同定

F 主動作筋への円皮鍼刺激が拮抗筋筋出力へ及ぼす影響

G 施術着の色が患者に与える心理的、生理的効果について

H 足底部刺激が循環調節へ及ぼす影響の評価・第二報

I マウス網膜における高親和性コリントランスポーター局在の生後変化

―免疫組織化学染色による検討―

J あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師教員養成施設の卒業後の

就労実態調査


sotu.png


教員養成科では3月末日まで随時、追加募集を実施致します。入学試験の日時は応相談となります。


ご入学ご希望の方は、以下までお問合せください。

п@03-3551-5751 教員養成科教務担当





posted by 教員養成科教員 at 13:08| Comment(0) | 日記