2016年11月25日

知識と技術のバランス

 先日、不妊治療を専門に行っているアキュラ鍼灸院院長 徐 大兼 先生を昨年に引き続きお招きし、講義、実習を行っていただきました。


 講義では、不妊治療における西洋医学の知識と連携の必要性を説いており、しっかりとした知識を持って治療に臨まないと妊娠するという限られた時間の中で機を逸してしまうことを実例をあげて説明されていました。それに伴い、実際に行う検査を細かく説明され不妊治療の特異性を改めて感じられました。


 講義.jpg


実技では、治療院で行っている治療法を事細かに説明され、EBMに沿った形での治療を行っているとの事でした。また、鍼灸だけでなく、物理療法機器であるレーザーを用いた治療も紹介いただき、導入前以上の治療効果をあげているとの事でした。


実技.jpg


最後にYNSA(山元式新頭鍼療法)の実演ということで学生に対して治療を行っていただき、長年の悩みであった首の痛みが取り除かれ、治療法の実用性の高さを実感することができました。


YNSA.jpg


学生達も治療家として、自分の治療が人を不幸にすることは絶対に避けなくてはならないというのは分かっていると思います。これは技術的なことだけでなく、知識的な部分も大きく関わってくるというのをこの講義で改めて実感できたはずです。

今後は最新の技術だけでなく知識を身に付けうまく融合できるような治療家を育っていってもらいたいものです。

posted by 教員養成科教員 at 17:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: